“MCGREGOR” the two representative

posted in: Blog | 0

こんばんわ!鹿児島のTUNNELです。

この時期ライトジャケットをお探しの方も多いですね。

形や素材を吟味すると迷いに迷って毎年買い逃すなんて声も聞かれたので

弊店のオススメ二点ほどオンラインの方にUP致しました。

2016-13-9-17-41-28

1950’s McGREGOR 

SCOTTISH DRIZZLER 

Made  in  USA

2016-13-9-17-34-37

~1960’s McGREGOR

BudgeACE Jacket (Houndstooth Check)

Made in USA

スコティッシュドリズラーはハリのある霧雨に対応したナイロン性の生地、世界的にブランドの代名詞とされる一枚です。

バッジエースジャケットは良質な千鳥格子のファブリックと特徴的なリブ使いでカジュアルさと機能性に長けた

ベーシックながら実は変化球的な一枚。

どちらもこの時期テーパードしたパンツ類を

最大限に引き出してくれるショート丈のライトジャケットです。

2016-13-9-17-45-11

1920年代アメリカのファッションはイギリスの後追いをしていた時代。

旧大陸の一流品の輸入品から始まったと言われています。

そんな中イギリス伝統のチェック柄と紋章を商品PRに仕様しそれらをアイコンとしたブランドMcGREGORが1921年に誕生します。

2016-13-9-17-35-50

ブランド創設者のデビッド・D・ドニガー氏はスコットランドで生まれ、

後にアメリカ政府のテキスタイルコンサルタントとして活躍。

ここのブランドに良い柄と質の高い三点留めのボタンダウンシャツや

今回の千鳥格子柄などのファブリックが見られる理由でしょう。

そんな旧大陸の要素を持つ洗練されたアメリカンカジュアルブランド 

“McGREGOR”

セレクトショップ様の復刻等などで見かけると、

何故薄めのショート丈のブルゾンがこんなに高いの?と今まで疑問だった方もいらっしゃるのでは?

ちなみにちょっと変化球なBudgeACE Jacketは今復刻となると弊店のプライスの3倍位しそうです…

なにはともあれ、細かく見ると非常に興味深くセンス溢れる名品が多く、

昔から当時のエスクワイア誌や有力誌より窮愛され現代でも服好きに愛されるブランド。

そろそろ大人らしいファッションを楽しみたい方にもオススメです。

弊店でもこれからも、一点でも多く良いアイテムをアメリカより持ち帰りご紹介できたらなと思います。

最後に着用画像とその他詳細はオンラインショップよりご確認下さい。

2016-13-9-17-21-20

2016-13-9-17-22-57

2016-13-9-17-24-05

2016-13-9-17-25-19

2016-13-9-17-26-27

2016-13-9-17-27-43

2016-13-9-17-28-47

2016-13-9-17-30-06

2016-13-9-17-32-03

2016-13-9-17-32-48

お問い合わせはお気軽に。

☎099-295-3660