30’s FIELED and STREAM HUNTING JACKET

posted in: Blog | 0

こんにちは、TUNNELです。

本日は鹿児島のお祭り“おはら祭”でお店の周りも賑わいをみせています。

鹿児島ならでは??の焼酎のイベントも重なり、

色々とおつまみの美味しそうな出店も、後でブラブラしてみようと思います。

では、本日はこちらのご紹介です。

2017-02-11-19-19-38

 

1930’s “FIELD and STREAM”

HUNTING JACKET

SIZE: Fit 40(L)

PRICE:23000yen(+TAX)

実寸:肩幅/身幅/着丈/袖丈(49cm/58cm/70cm/44cm)

2017-02-11-17-39-25

グリーンキャンバスにコーデュロイの襟の切り返し

2017-02-11-17-37-07

2017-02-11-17-36-07

2017-02-11-17-28-50

2017-02-11-17-31-19

通気口の付く脇付近の複雑で立体的な作り、

元はスナァグプルーフ(突起物、障害物などへの引っ掛かり防止)と、

レインプルーフ(防水加工)の加工が施された強固なキャンバス地の摩擦による

白い線がデニムの色落ちの様な間隔を覚えます。

グリーンのカラーリングでこういった表情が見られるのは思い返すと他であまり見かけず、

欧米物となると中々思いつきません。

この頃のシンプルでクラシックなポケットのディテールも魅力的。

2017-02-11-17-33-10

内側にタグも残ります。

2017-02-11-17-27-43

2017-03-11-14-38-09

2017-03-11-14-41-14

2017-03-11-14-53-32

176cm 61kg 痩せ型でニットの上から羽織り丁度良いくらい。

表記はありませんが着用した感じ40(L)位のサイズ感となります。

経年変化によるステッチほつれや退色の加減一つ一つが、

長い年月を超え現在の表情を醸し出させたジャケット。

ハンティング系のアイテムは近年業界内でも注目度も高まるジャンルの1つですが、

山中で森と同化しながら如何に身を防護しつつ、

獲物に狙いを定めやすい“動き易さ”を持たせた形とするか、

そんな考えが、大小様々なポケットや、

ブランド毎のオリジナリティ溢れるディテールに落とし込まれている点でも

細かく見てみると飽きのこないジャンルですね。

機能美が最大の魅力とされるミリタリーアイテムと通ずる部分が垣間見え、

弊店でも今後も色々とご紹介していきたいジャンルの1つ。

店頭には他にも数枚ございますので比較しながらジックリとご覧頂ければと思います。

頻度が少ない割にいつも覗いて下さる方々ありがとうございます。

タイムリーなお店の情報を発信するのも大事ですが、

そこら辺はSNS等で行い、こちらではアメリカより連れ帰ったアイテムに寄り添い、

流行り廃り関係なく、より自分の気分なアイテムのご紹介や、

コラム的な感じで書いていければと思います。

たまには洋服以外の関係ない事でも書いてみたいですね。

なにか良いネタがあればチャレンジしてみます。

それではまた書きます。

TUNNEL